乱読派の読書メモ

本好きの本好きによる本好きのための読書記録


◆蝦夷たちの熱い魂


もう随分前に読了してまた最近に読み返したオススメ作品「火怨」、高橋克彦氏著、上下2冊。
サブタイトルは「北の耀星アテルイ」。
たしか吉川英治文学賞かなんか取ってますね。

全部ひっくるめて大絶賛ってわけにはいかない部分も多々あるのだけど、総合点としては高いです。
ものすごく熱くて勢いで読めます。

「炎立つ」「天を衝く」とあわせて「陸奥三部作」と呼ばれるそうな。
ちなみにこの2作は未読。


◆東北という土地に根付いた熱い男たちの物語


舞台は東北。
朝廷の王化に従わない蝦夷たちを討伐する都側と、人権を蹂躙され強引な王政に100年計画くらいで抵抗を続ける蝦夷たち側との攻防が壮大なスケールで描かれています。
野を駆け山を駆け馬を駆り酒を飲み交わしながら、男たちは時代という流れの中で儚い己の命を燃やし合い判り合いぶつかり合う。


関東生まれのわたしは土地に根付いた意識というモノをいまいち持ちにくいのですが、そういった感覚をとてもわからせてくれました。
この話のどこらへんまでがフィクションなのかはわかりかねますが、田村麻呂と東北討伐は記録として残っているらしいのでだいたいはそういうものだったと思っていいのでしょう。


この本では主役側が蝦夷なのでそちらの視点を主に書かれていますが、読みすすめるうちには朝廷側のさまざまな事情や苦慮も同じようにひしひしと伝わってきます。

立場の相違ゆえのいかんともしがたい齟齬、という点で非常によく描かれていたし考えさせられました。


◆パワーで引っ張って行ってくれる


ところどころ不満な表現(というか筆)もあるにはありました(みんな笑いすぎやねん!って読んだ人だけわかってくれればいい)が、それらも乗り越えてなお余りあるパワー。
涙なしには読めません。


けだし名作といってさしつかえないでしょう。
ラストも大満足の珠玉の一作、未読の方は是非。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



◆「なぜこんなに面白いのか?読めばわかる」


これは横山光輝氏の漫画版のほうに載っていたアオリ文。
吉川英治氏の作品を原作として描かれた全50巻のほうですね。
肝心の吉川氏の三国志は、文庫版で全8巻でした。


三国志自体はほんとうに数多く描かれていて、各作者の推測や創作なども混じりあって、どこまでが実際の話だったのかはつかみにくい部分があります。
おおもとのだいたいの流れは史実にのっとって書かれているでしょうが、たとえば貂蝉は架空の人物だというのは有名な話ですね。
事実と空想が入り混じって、三国志の世界はひとつの世界として完全に一人歩きしてしまっているほどです。
そしてそれがたまらなく面白い。


描かれている時代も古いです。何と言っても日本ではまだ卑弥呼さまの時代ですものね。
そんなに乖離があるのにこれだけ多くの人に喜んで読まれるのは、やはりその面白さが「人間」によるものだからでしょう。
わけても吉川氏の筆による三国志の登場人物たちは実に誰もが生き生きしていて、実在どころかいま現在どこかに生きているかのようにさえ思えます。



◆「蜀びいき」が物語を盛り上げる


読まれた方はご存知でしょうが、吉川版の三国志は蜀が主役の完全蜀目線です。
前半は劉備玄徳、後半は諸葛亮孔明が主人公。
日本人の大好きな「判官びいき」精神が余すところなく用いられている感じがします。


魏・曹操の派手すぎる行動力や、呉・孫家三代の妙な合議制精神よりも、弱者が忠義と誠実によってだんだん力をつけていくさまが日本人に広く受け入れられたのではないかと思います。

個人的には蜀は好きではありませんが、物語として読んでいると気が付くと気持ちが蜀に傾いていくのはわかります。実際子供の頃は諸葛亮大好きでしたし。

でも今読むと劉備は非力で弱腰、諸葛亮は傲慢で意地悪、にしか思えませんけどね。



◆魅力的な登場人物がぞくぞく


三国志を語るにあたって、三国に所属していない武将で外せない筆頭は間違いなく呂布でしょう。
彼の天下無双ぶりはだれもが憧れるものです。
もっとも吉川三国志においては蜀の義兄弟を引き立てる要素としてじょうずに使われておりますが。

いまなお人々を魅了し続ける最強の呂布、実は外国人だったのでは?実は体が小さかったのでは?実はすごい賢かったのでは?とかいろんな推察が飛び交っておりますし、これからもいろいろな解釈でいろいろな描かれ方をすると思うと楽しみです。


ほかにもここに挙げきれないほど数多くの魅力的な各地の武将がおりますが、個人的に最も好きな人物は陳宮です。んーマニアックですね。


◆各種メディアとミックスされてますます進化する


漫画になり、アニメになり、ゲームになり。
それぞれのジャンルでそれぞれの解釈をされた三国の英雄たちは、もはや原型がわからないほど勝手に進化を遂げてしまった人もたくさんいますね。

コーエイのFC版三国志からはじまったシミュレーションゲームなどではかろうじてイメージは保たれていた気がしますが、三國無双シリーズなどになるともうファンタジーです。

でもそのファンタジーの中からまた新たな群雄像がつくられていくから不思議です。


三国志は中国ではもちろんですが、日本においてさえ時代を超えて愛される名作となりました。
そしてそれを手伝った一番の貢献者は、間違いなく「三国志を日本人好みに見事に仕立て上げた」吉川英治氏だったのではないかと思います。


三国志の話ならえんえんと書いていたいですが、今回はこのへんで。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック





◆得体の知れないタイトル「プリズンホテル」


人生で面白かった本10選をあげるとしたらコレ入って来ちゃいます。

それが浅田次郎の「プリズンホテル」、夏~春の全4巻。

 

 

自分では絶対に手に取らなかったと思います、この本。

浅田次郎は嫌いじゃなかったけど彼の著名な作品はほかにいくらでもありますし、得体の知れないタイトルと全4巻という長さで敬遠し続けただろうなと思います。

 

 

先年他界した父が入院していた頃、移動時間や待ち時間が増えた母が本を読むようになりまして。

リサイクルショップで件の本が1冊50円で売られていたのを購入したそうです。



読み終わった母が「けっこうおもしろかったよ」というので、それをもらって帰ってきました。

タイトルから内容はまったく想像できません。

四季で4冊に分かれていて、表紙のデザインは花札のそれ。いったいどんな本なのだろう。



食わず嫌いは損をするし、いっちょ読んでみるか、とまったく期待せずに読みだしました。

 


◆超ハマり、笑いが止まらない

 


それが、超ハマり。ぐいぐいどんどん。爆笑の嵐。

電車内での読むのマジ危険です。


こんなに夢中になって、笑って笑って笑い通しだった本は久しぶりでした。


ほろりとさせるさすがの手法やきらりと光る表現の秀逸さが、登場人物たちの必死でクソマジメな滑稽を通り越した様子をますます引き立てます。


ひたすら笑いが止まりません。

ギャグ漫画もコメディ映画もコントもバラエティもかなわない。笑いをこらえるのに必死。思い出しても笑っちゃう。

 

 

設定やら登場人物やらが前時代的で、暴力的で不器用でクソマジメに苦しんだり悩んだり。

序盤は古臭いアレコレが気になって特に女性は不快感を催す人もいるかもしれませんが、ぜひとも我慢して最後まで読んでみてほしいです。

読後の爽快感と、一抹の喪失感とが、実際に旅行へ行ったあとのそれに限りなく近いです。

読み終わってしまうのを心底残念に思った数少ない本でした。

 

 

好きすぎて面白すぎて読み返すのももったいない気持ちです。

あの世界にまた行きたいけど、行ったら帰ってくるとき寂しいしな、みたいな気持ち。



◆きっと人間が好きになる
 

 

個性の強い登場人物たちが違和感なく溶け込み、異常な舞台と異様な人々にもかかわらずそこには「どこにでもある人間の生活風景」と「どこにでもいる人間像」があります。

一生懸命で、それがために滑稽な彼らの姿は自分たちにすんなり重なるし、まさしく人間世界の縮図とも言える。

読めばきっといまよりも「人間が好きになる」こと請け合いです。

それは「どんな人間でも」って意味で。

 


まあでも、そんなしちめんどくさいことはさておき。

とにかく、笑えます。



浅田次郎はヒューマンドラマの代名詞みたいに感じていたけど、人間描写に長けているってことはそれだけ「なにがどんな感情を生み出すか」も理解しているってことで。

それはつまり、コメディを書かせても天下一品ってことになるんでしょうね。

 


これぞ彼の真骨頂、なんじゃないかと個人的には思います。

人生で是非読んでほしい本のひとつ、プリズンホテル。メチャクチャおススメです。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ

TOPへ戻る